機能

想い出アルバム

写真を通じて故人様の思い出を振り返ることができます。家系図を写真として登録できます。

プロフィール

故人様のプロフィールなどをご紹介、掲載できます。また資格や功績、表彰なども掲載が可能です。

墓地の場所を掲載

普段は離れて暮らす親族の方やお墓参りの間隔が空いてしまったときなどにご活用ください。

お墓参り報告

誰がいつお墓参りしたのか?ご親族様にメッセージをお知らせすることができます。お知らせ方法は「メールで送信」または「デジタル過去帳にコメントを残す」の2つから選択できます。オプションで画像(2MB)をメッセージと同時にメール送信できます。ご親族様のコミュニケーションツールとしてご使用ください

SNSとの連携

Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSとの連携やブログとの連携も対応可能です。また、LINEに送るボタンが標準装備されています。

多彩なオプション

動画の埋め込みや音楽の再生、お経や祝詞に至るまで映像メディアや音声メディアに関する情報を掲載可能です。また、プロフィール項目の追加やご命日の連絡や回忌事前連絡など様々なオプション機能をご用意しております。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

多彩なオプション

画像を増やす

標準で10枚の画像をギャラリー表示できますが、オプションで10枚単位で追加することが出来ます。

映像や音声を追加する

スマートフォン動画映像やビデオ映像を簡単に掲載可能*1 お経やメッセージ音声など音声ファイルのみでも掲載可能です。

*1は、音声に関しては、著作権に関する対応で掲載が出来ない場合がございます。予めご了承ください。

通知連絡機能

お参り報告は標準ですが、回忌事前連絡や命日通知連絡*2、また寺院からのお知らせ機能についても搭載可能です。

*2は、ご命日の連絡と回忌事前連絡は同時に設定することが出来ません。どちらか一方を選択していただきます。

ご契約について

コース

コースは故人様のデータを十年間保存するコース
お墓に貼付するステンレス銘板(レーザー加工)が標準

個人のお墓で
1
永代供養墓や納骨堂で
2
樹木葬で
3
ご自宅のお仏壇で
4

お客様の声

無理を言ってお彼岸までに制作を急いでいただきました。ご対応ありがとうございました。両親のデジタル過去帳ですが、古い写真をきれいに残していただいて感謝いたしております。

H.Mさん 長野県飯山市

写真データのやり取りで手間取ってしまいましたが、とても親切で丁寧な対応に大変満足しております。完成したデジタル過去帳の完成度にも本当に満足しております。ご対応いただき感謝いたします。

Y.Bさん 山梨県在住

QRコードのシールが2枚標準添付とありますが、お墓で使用する場合は、別途オプションのステンレス銘鈑が必要なことをどこかに記載してください。デジタル過去帳は良いサービスだと思いますが、申込者のわからない部分も詳しく説明をお願いします。

H.Yさん 静岡県在住

良いものを作りたいという気持ちからリリースまで時間がかかりましたが、対応いただき感謝しています。我が家では位牌にQRコードを貼って使用していますが、娘からお参り通知を送りすぎると怒られます。お参りした回数や日時などを他の方法で残せる対応を是非検討してください。

Y.Sさん 愛知県在住

生前の母親が「兄弟で仲良くやって欲しい」という内容のことをよく話していました。デジタル過去帳のお参り報告は、母の達ての希望が叶う良いサービスです。今では兄弟で連絡取り合う機会が増えました。

T.Uさん 東京都在住

永代供養墓を購入した際にデジタル過去帳を紹介されました。とても良いシステムで満足しています。三回忌コースから十三回忌コースへの変更を希望していますが、検討をお願いします。

M.Tさん 埼玉県在住

電話で申し込みました。スタッフの方が親切に対応してくださいました。両親の生きた証をお墓参りで見られることを喜んでおります。

H.Eさん 茨城県在住

主人が亡くなり、知人の紹介で利用登録を行いました。電話1本ですべて対応いただき感謝しています。主人が生きた証を孫や曾孫に伝えられることに感謝しています。

M.Oさん 神奈川県在住

デジタル過去帳が選ばれる理由

デジタル過去帳が選ばれる理由をまとめてみました。

  • 故人様の生きた証が残せる
  • ご子息にご先祖様の事を残せる
  • 親族間のコミュニケーションツールに最適
  • ご先祖様の写真や映像が残せる
故人様の生きた証が残せる
100%
ご子息にご先祖様の事を残せる
98%
ご先祖様の写真や映像が残せる
88%
親族間のコミュニケーションツールに最適
88%

デジタル過去帳の使われ方としてどのようなシーンがあるのでしょうか?

シーン

デジタル過去帳のコンセプトは「遺し」「伝え」「繋がる」です。人は一人一人に歴史が有り、人生にドラマがあるのだと思います。今までの日本の文化は、それらの歴史や経験をそれぞれが聞いて語り継がれてきた歴史があります・・・あなたしか知らないご先祖様やご自身の歴史やドラマを是非、「遺し」「伝え」「繋がる」ツールとしてデジタル過去帳をご活用ください。